査定前の修理について

バイクバイクを査定する時には外観や各部品の状態などをチェックすることとなり、第一印象などでも評価が変わることがあります。せっかく愛車を売るなら高額査定を目指したい方も多いかと思いますが、その為にも修理について考える方もいるでしょう。例えばバイクの劣化や小傷などを修理して査定に出した方が高く売れるだろうと思っている方もいますが、実際のところはどうなのかについて話します。

修理についてですが、これは状況によって異なります。例えば大きな傷や故障の場合は修理に何万も何十万も必要になることがあります。場合によっては修理費用を支払うよりも買い替えたほうが安く済むこともあります。特に大きな故障や破損などの修理は個人で依頼をしてもその分の費用の元が取れないことが多いので、業者に依頼しないと直らないような大きな故障や破損はそのままの状態で査定してもらった方が損はしません

修理は基本的にしなくてもいいですが、例えば簡単で誰でもできるような修理はしておいた方がいいです。例えば浅いキズはコンパウンドを活用すればすぐに消すことができます。小さな傷でも消すことができれば印象が変わるので難易度が高くない場合は自分で修理をしてもいいでしょう。